So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

サクラ咲く、富山へ(4)かみおか。 [保存車・廃線跡]

岐阜県の最北、富山との県境近く神通川の支流が流れる小さな町が「神岡」。
現在は飛騨市内にあたる。最近は、“スーパーカミオカンデ”で有名だが、
やはり、何と言っても鉱山の町である。

2001年まで、採掘が行われた三井金属神岡鉱山は亜鉛や鉛、銀の採掘で知られ
<変態鉄>がその名を知ったのは、小学生のとき“四大公害病”の1つとして
神通川流域の「イタイイタイ病」の話を聞いたときだった。
亜鉛鉱の廃液に含まれるカドミウムが原因とされる。

001_DPP_00000922.JPG
【2017年4月8日9時06分】 旧神岡鉄道・神岡鉱山前駅

2006年まで、高山本線の猪谷(富山市)から分岐し、その神岡鉱山の茂住を経て
神岡の中心街を通り、奥飛騨温泉口駅まで20 kmあまりを結んだのが神岡線。
国鉄末期に第3セクターに転換されたが、2006年に廃線となる。

<変態鉄>は大学生の頃に一度だけ訪問している(→ こちら)。

「おくひだ1号」「おくひだ2号」と名付けられた個性派ディーゼル動車が
廃線後も車庫内に非公開で保管されているのは耳にしていたが、まさか...

続きを読む