So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

消印の中の鉄道情景(54)西ヶ原四郵便局(東京都) [消印の中の鉄道情景]

秋の房総キハ撮影記が一段落したところで...

大相撲十一月場所は、ちょっと不完全燃焼というか。あの横綱の振る舞い...
優勝回数がいくら多かろうとも、見ていて決して良い気分はしないのである。

休場者の多さと千秋楽を待たずに、あっさり優勝が決まってしまっただけが
ひとりの相撲好きとしてのモヤモヤ感の原因では無い。

まさに“土俵外”ばかり盛り上がってしまって。何だかマスコミの無意味なバカ騒ぎ
だけが先行し“協会という巨悪に、たった一人で闘いを挑む正義の親方”みたいな...
何だが安っぽいドラマのようなストーリーだけが先行してしまって。

選挙など政治を巡る動きを見ていても思うのだが、「良いもの」と「悪いもの」の
二元論的な捉え方でしか物事を見ることができない人が増えている...のだろうか。
今回の件だって、そんな“純”な話では決して無いことは明らかだと思うが...。

TVのことを念頭に「1億総白痴化」という流行語を生み出した人がいたように思うが
そうだとすれば、ネットの普及というのは...、そんなことを思う今日この頃。

<変態鉄>だって、<鉄>なことと、「カワイイおねーちゃんと...」という妄想、
それだけで生きているわけでは無いのである。

さて、冒頭から意味不明な愚痴にもならない戯れ言から入ってしまったが...

01_IMG_20171116_0002.jpg

今日は、東京都北区の閑静な住宅街、その中の小さな郵便局で見つけた風景印を
ご紹介したい。

続きを読む


nice!(20)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー