So-net無料ブログ作成

酷暑の只見線に“タラコ色”を追って(4)いよいよ...でも... [会津・越後のキハ[只見・磐越西線]]

富山に行きたくて仕方ないのだが...

02_DPP_3793.JPG
【2016年3月19日10時42分】 富山地鉄本線・宇奈月温泉駅

何度も撮りに通った、富山地鉄14722編成...“ちてつ”の方は車番を略して
「フタフタ」と呼ぶのだが...、この引退が目前に迫っている。
とはいえ、9月は意外と忙しいし...。

何とか富山に行けるように日程を調整したいと思っているのだが...
でも、この編成、全線で100 kmあまりにおよぶ地鉄のどこを走っているのか...
日々変わるその運用を把握するのは、なかなか困難なことでもあって。

1日2日では撮れるかどうかさえ分からない存在。でも、もう一度、撮りたくて...。

「なくなるもの」に追われながらの趣味活動。まさに<葬式鉄>の本領発揮である。
でも、だんだん『撮りたいっ!!』と思える列車がなくなってくるというのも確かで。

そう、この撮影記の「只見線夏休み号」だって、新津配置のキハ47形は今年度中に
すべて置き換えられる...ということが既に発表されており。まさに<葬式鉄>。
タラコ色の国鉄型ディーゼル動車が只見川沿いの風光明媚な区間を走るのを
何とか撮りたい...と思っての訪問だった。

とはいうものの...

続きを読む


nice!(19)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー