So-net無料ブログ作成
保存車・廃線跡 ブログトップ
前の10件 | -

お正月の大阪で(28)水間観音駅 <後編> [保存車・廃線跡]

仕事がバタバタしていたのも、おうやく一段落といった感じ。明日はちょっと...
身の回りのものを買ったり、銀行に寄ったり...用事を済ませてから会社に行こうと
そう思っている。自宅にいてもネット環境の関係で、皆さんのブログへの訪問が
滞ってしまっており。

ちょっとそのあたり、いまの家に合っているものに見直しを進めたいところ。
いまの部屋に移って半月、ようやく生活にも慣れてきて。

281_DPP_00004740.JPG
【2019年1月5日11時04分】 水間鉄道・水間観音駅

そういえば、いまの部屋を見つけたのは、このときの、正月の大阪から戻った直後
だった。アレコレと、いろいろあって、もう遠い昔のことのように感じる話題だが
大阪の話題も、ようやく終わりが見えてきた...というか、水間鉄道を訪れて、
堺東のホテルに戻って、阪堺電車で天王寺駅前、夕方のリムジンバスで伊丹へと
向かったのである。

その部分を、あと3日くらい引っ張りながら、ご紹介したい。

続きを読む


nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

朽ちゆくナメクジと「キハ」(流山市総合運動公園の保存車)<後編> [保存車・廃線跡]

公園の保存車の話題で2日にわたって記事を書くと言うことは...
「ネタ切れ」、ここに極まれり...の感が強く。とはいえ、この日、カメラをもって
出歩いていたことを悔いるしか無くなっているのである。
それは趣味活動で無くて、仕事の方。やはり、休日返上で臨時出社しておけば
少しは進んでいたのだろうか。でも、よく晴れた休みの日に、
<鉄>活動を我慢して会社に行くのも、なかなか辛いものなのである。

ということであっても、ブログの方は引き続き、流山市総合運動公園の保存車。

21_DPP_00004560.JPG
【2018年11月29日13時03分】 千葉県流山市・流山市総合運動公園

まずは、ナメクジ...D51 14号機から。

続きを読む


nice!(17)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

朽ちゆくナメクジと「キハ」(流山市総合運動公園の保存車)<前編> [保存車・廃線跡]

木曜日は、久々の公休日。「休日返上で仕事の遅れを取り戻すべき」という無言の
圧力を感じつつだったかどうかは別として、来週、火曜日からの出撃に備えて
スノーブーツを買いに新宿に向かうはずが...

なぜか、<変態鉄>は北千住駅からTX線に乗って。

11_DPP_00004555.JPG
【2018年11月29日13時03分】 千葉県流山市・流山市総合運動公園

本当はここに来るつもりは無かったのだが...

“魔が差した”というのだろうか、駅の周辺案内図を見て。衝動的にそちらに
フラフラと向かってしまったのである。

でも、ココ。“ナメクジ”を撮りたい<鉄>な方にとっては、曇りの日の訪問を
お薦めしたいと思う次第。快晴の午後に訪れた<変態鉄>、ガッカリな結果に
終わったのだが...

続きを読む


nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

秋深まる会津路へ(12)保存車紹介 福島交通1116号車 [保存車・廃線跡]

いま、栃木県宇都宮市で次世代型路面電車、LRTの敷設工事が進められている
のだとか。あるいは、岡山市の路面電車も駅前広場を整備して、JRの駅の玄関に
近い位置まで延伸することが検討されていて。

そうそう、もちろん富山も。駅の南北に分かれているポートラム(富山港線)と
富山地鉄市内軌道線の“南北接続工事”も第2期工事が、まもなく。

地方都市を中心に中量公共交通機関としての“次世代型路面電車”に注目が集まる
時代が来るとは、何だかちょっと信じられないような。
昭和30年代以降の高度成長期に、全国各地の電車が廃止されていったわけで。

福島交通の軌道線(飯坂東線)も残っていたら、岐阜の美濃町線などと並んで
<変態鉄>には堪らない魅力的な路線になっていたに違いないと思うのだが。

いまでは、わずかな痕跡と残された電車(現存しているのは3両とされる)しか、
往時を偲ぶものはないのだが...

21_DPP_00004509.JPG
【2018年10月30日13時26分】 福島県伊達市保原町字宮下付近

それでは、福島交通モハ1116号車の話題。

続きを読む


nice!(20)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

秋深まる会津路へ(11)保原の町の路面電車を... <前編> [保存車・廃線跡]

福島市周辺で路線バスを運行しており、高速バスで県内外まで...
ベージュ色に赤と紺色のラインが入ったバスを運行しているのが「福島交通」。

その福島交通、いまではバスが中心だが、福島と飯坂温泉を結ぶローカル私鉄でも
あって。東急から譲渡されたステンレス電車たちが活躍している。

でも、いまから半世紀くらい前まで、ちょうど<変態鉄>が生まれる10年ほど前...
というよりも“大阪で万博があった頃”といった方がわかりやすいだろうか??

福島駅から郊外に向けて路面電車の線路網。それも福島交通の路線だった。
1067 mm軌間ではあったが、昭和初期にナローから改軌したというだけあって、
“馬面電車”と呼ぶに相応しい狭隘な車体、“アサガオ連結器”を介して
電車が貨車を牽いて...、福島の道路の片隅を電車が走っていたという。

s31_DPP_00004422.JPG
【2018年10月30日13時30分】 福島県伊達市保原町字宮下付近

その当時の写真、拙ブログにも時折、コメントを頂戴する Cedarさん(→ こちら
の記事に、単に車両や鉄道施設の記録ではなく、その時代の“空気感”が伝わって
くるような写真がたくさん載っていて。

「こういうのが撮りたかったのに...」と思いながら、写真を眺めるだけ。
廃線後、何両かの車両が保存されたが、すでに廃線から半世紀が近くになっており、
それらの保存車も酷く荒廃している...ということを数年前に聞いていた。

その中の1両、1116号車について、ボランティアも加わり、修復作業が始まったという
話は知っていたのだが...

そう、そこにあの大震災。もちろん、それどころの状況では無かったはず。
「保存会」のウェブサイトも、いつしか更新が完全に停止した状態になってしまって。

でも、最近、その1116号車の修復が完了し、外観の見学ならいつでもできる状況に
なっていることを知ったのだった。

ということで、その現役時代を知るよしもない<変態鉄>だが、その頃の車両が
修復、保存されていると聞けば...

そう、「只見線を撮りに行く」が“サブ”だった。今回の旅の第1のキッカケは
この1116号車の姿をこの目で見に行くことにあった。

続きを読む


nice!(17)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

北陸のディープ<鉄>を巡る旅(16)最後は敦賀。 [保存車・廃線跡]

人間、誰でも何事でも“慣れ”というのは全てが良い結果をもたらす訳では無い。
時に“原点”に立ち返って、自分が身につけてきたもの、逆にそれによって
失ってしまったものがないか、自分自身をよく見つめてみることも大切では無いか

と、そんなことを思うのである。

そんな<変態鉄>、最近、ちょっと失ってしまったかも知れないと思っているのが...

61_DPP_00004104.JPG
【2018年8月12日14時39分】 福井県敦賀市金ケ崎町付近

そう「わかさ」なのである。40歳になると...

という出だしは、冗談なのだが。

敦賀と京都府の舞鶴を結んだ急行「わかさ」はJR化後も長らくの間、
キハ58系急行型ディーゼル動車が受け持った急行運用だった。青地に白の小浜線色
で走っていた姿、<変態鉄>もちょっとだけ覚えている。

そういう意味で、国鉄型というのは、どこで見ても違和感がないのが凄いところ。
北陸を巡るなら、絶対にこのキハに会いたいと思っていた。

続きを読む


nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

北陸のディープ<鉄>を巡る旅(4)土居原ボンネット広場にて <後編> [保存車・廃線跡]

今日の話題に入る前に。予告通り(?)、40歳にして“大学病院デビュー”。
これまでの人生、あまり病院のお世話になることも無かった。地元の小さな診療所で
診てもらって処方箋を受け取って...くらいだったので。

9時に受付、午前中に診てもらえたのは思ったよりも早かった。
1階の受付を通った後、診療科の前の廊下、並んだ長椅子で待っているのだが...
自分もそのひとりに違いないのだが、患者さんたちの“人間観察”をしながら時間を
過ごしていた。

高校生くらいのガッシリした体格の男の子が母親に手を引かれて...
それだけでも違和感なのだが、その診療科の受付にいる女性に

「有名な先生に診て欲しいの、とにかく有名な先生っ!!!」と高圧的に話す母親。
ブランドのロゴが大きく入ったサングラスをかけた典型的な厚化粧BBAである。
「本日の外来は皆、上位の先生ですから...」と受付の人に宥められて
問診票を受け取って。<変態鉄>の隣の椅子に腰掛けるなり、息子に大声で
アレコレと...、その人も含めて訪れる患者の半数以上がC国語で会話しているのは、
ちょっと意外な光景だった。

他にも「※※さん、診察室※番へお入り下さい」のアナウンスに一斉に席を立つ人たち。
祖父母、両親、子どもとその兄弟...、一家総出でやってきたと思しき、
これまたC国人家族など、カルチャーショックというか予想外の光景に興味津々だった
<変態鉄>だったのである。(※ 意見には個人差があります)

その<変態鉄>、紹介状を書いてくれた地元のクリニックの先生からは
「なぁ~に、1日で済むよ~」という感じだったのだが、昨日は、いつもそこで受けて
いたのと同じ処置で同じ薬を継続で処方されて。9月末まで様子を見るという方針に
なってしまったのである。次の予約もそこで決まって。

「11時ということにしておきますから、たぶん13時頃になるかなぁ...」と白髪頭の
先生に言われたのだった。診察室には大きなテーブルが置かれ、「医学部6年生」の
名札を付けた若者たちがノートやレポート用紙のようなものをひろげている中で
患部を見せる...普段とは全然違った状況に終始緊張気味だった<変態鉄>なのである。

41_DPP_00003994.JPG
【2018年8月10日10時26分】 石川県小松市土居原・土居原ボンネット広場

ということで前置きが長くなったが、引き続き石川県小松市「土居原ボンネット広場」
に保存されているクハ489-501号車の話題。

続きを読む


nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

北陸のディープ<鉄>を巡る旅(3)土居原ボンネット広場にて <前編> [保存車・廃線跡]

相変わらず蒸し暑い東京の街。夜もよく眠れないし、そんな時期にいろいろあって...
明日か明後日、というか日付変わって今日?? 水曜日(か木曜日)は、とうとう
生まれて初めて「紹介状」なるものを携えて“大学病院”なるところに行かないと。

「予約は受けておりません」ということは...
「ほぼ1日中、待合室のイスで過ごすことを覚悟して来い」というメッセージだろうか。
40歳になって医療費だけが、うなぎ登りの<変態鉄>である。

さて、富山に行ってきたのでしばらく間隔が空いてしまったこの話題。
8月10日のお昼前、<変態鉄>は石川県小松市にいた。

28_DPP_00003962.JPG
【2018年8月10日10時13分】 石川県小松市土居原・土居原ボンネット広場

一度、訪れてみたいと気になっていた“土居原ボンネット広場”は、小松駅から
高架の線路沿いに3分ほど進んだところにあった。

続きを読む


nice!(18)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

北陸のディープ<鉄>を巡る旅(2)今回は小松(KMQ)から [保存車・廃線跡]

金曜日から地鉄電車を撮りに富山を訪れる予定なのだが...

今年の夏は暑さだけでなく台風の多さも。まさか、いまになって台風が“続行”で
来るとは思っていなかった。はたして、如何に?!

さて、今回、<変態鉄>の北陸の旅のスタート地点になったのは小松。

21_DPP_00003967.JPG
【2018年8月10日7時47分】石川県小松市・こまつの杜

重機メーカーの“KOMATSU”も、この地から。ということで小松市と言えば、
クルマ、鉄道、ヒコーキと「のりものの町」として積極的にPRしている。

駅の南側では北陸新幹線の延伸工事まっただ中、そのすぐ先にあるのが
「こまつの杜」、時間があればゆっくり見学したかったが、この日は外観だけ。

イリノイ州で製造された「930E」型。鉄鉱石やダイヤモンドの採掘地などで活躍、
積載重量は300 tにも及ぶという。2階建ての建物より遙かに高い巨体が、でーーんと。
金沢ゆきの電車まで1時間、小松の町で絶対に訪れたかったのは...

続きを読む


nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

常磐路にキハを見に行く(9)那珂湊駅を1周、歩いてみた <前編> [保存車・廃線跡]

「台風直撃、都心も浸水」とか...、またも、東京にとっては“来る来る詐欺”にあった
台風13号だったわけで...。仕事のスケジュールが変わるかも知れないと、アレコレ、
大騒ぎした挙げ句、特に何もなく。まぁ、帰りの電車が空いていたのが、ちょっとした
“副産物”といった感じだっただろうか。

でも...

8日のお昼には、新たに台風14号が発生したとのニュースが入っており。
来週の天気に影響するかも知れない...ということで、来週の北陸ゆきに影響が出るのは
困ると、そのことがちょっと気になっている。

そんな中、8日は「世界のカリスマ」が電撃辞任という笑劇のニュースが...。
ああいうオッサン、嫌いではないのだが。何と言ってもコメントが面白くて。

さてさて。

91_DPP_00003875.JPG
【2018年7月23日13時36分】 ひたちなか海浜鉄道湊線・那珂湊駅付近

すっかり間が空いてしまったこのシリーズ。まだまだ続くのである。

続きを読む


nice!(24)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - 保存車・廃線跡 ブログトップ