So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
東京鐵話 ブログトップ
前の10件 | -

夏の武蔵野を走るレモンイエロー(4=最終回)期待の俯瞰は!? [東京鐵話]

スタートから恐縮だが...
金曜の朝は定期健診だった、というのは昨日の記事で書いたとおり。朝早いのは
我慢するとして。やはり、一番キライなのは“胃部X線”、いわゆるバリウム。

ご存じの通り、コレが終わると下剤を受け取って服用するわけだが。
“昼食前までに...”との言いつけを守って服用、そうしたら...
夕方、仕事が忙しくなってくるのに合わせて、その効果が現れ始めて。
辛い1日を送ったのだった。

これが終われば...、1年も半分おしまい。でも、ここからが忙しくなるわけで。
でも、そんな中でも、何とか“出撃”する時間を捻出したいものだと思っている。

41_DPP_00003669.JPG
【2018年6月22日10時41分】 西武多摩川線・新小金井-多磨(後追い)

というわけで、6月22日の西武多摩川線撮影記、最終回である。

続きを読む


nice!(21)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

夏の武蔵野を走るレモンイエロー(3)並んで欲しくて。 [東京鐵話]

明日、というか今日は、1年間で一番辛い日なのである。毎年、何とかしてこれを回避
すべく、アレコレと策を巡らすのだが...

仕方なく、選択肢に上がっていた中で一番最後の日を希望して。
でも、とうとうその日が。
あの、白いバリウムを飲むのが何とも苦手なのである。バリウムを飲むのが好きな人が
いれば変わって欲しいと思っている次第。

さて、そして木曜日は...

やはり早起きして品川へ。シナガワグースの横を抜けて坂を上がったところ。

06_IMG_4800.JPG
【2015年9月5日6時33分】 東京都大田区・羽田空港第2ターミナル

新高輪のプリンスホテルにて。このヒコーキの株主総会。とうとう、あのA380型機が
来春までに就航することが決まって。今秋、1号機を受領する予定と言うことで
その説明が行われるとともに、カウチシートとかペア型になる新ビジネスシートとか、
モックアップと、3機それぞれが青、緑、オレンジの「空飛ぶウミガメ」の大型模型が
展示され。もちろん、<変態鉄>は隣のドリンクコーナーで、機内でも飲める
アップルジュースを“体験”していたのだが...

さてさて、では引き続き、22日の西武多摩川線撮影記。全線単線、2本の列車が並ぶのは
日中は白糸台駅と新小金井駅のホームに限られる。

続きを読む


nice!(24)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

夏の武蔵野を走るレモンイエロー(2)「いちご橋」での40分 [東京鐵話]

梅雨時とは思えないような天気が続いている。東京は何だか風が強かったものの
青空が広がっていて。でも、何だか気乗りしなくて自宅でゴロゴロと。
こんなようでは<撮り鉄>失格なのだが、でも疲れが溜まっているし...

実は目前に...、今週末に、自分が1年で最もキライな“行事”が近づいてきている。
あの薄暗い部屋でバリウムを飲まされて、ヘンなベッドのようなものに乗せられて
あっちこっちと。想像しただけでイヤになってしまうのである。
この“定期健診”とかいうヤツ、会社員をやっていれば大抵、毎年1回は巡ってくる
わけだが、何度やっても好きになれないのである。

さて、先週は久々に<鉄>活動を行うことができた。

21_DPP_00003682.JPG
【2018年6月24日10時51分】 広島電鉄江波線・舟入南町電停

この話題が終わり次第、今週末あたりから広島電鉄の撮影記をアップできる予定。
出発前の時点では、天気予報に雨マークが並んでいたのだが、いざ現地に着いてみれば
傘を取り出すことも無く。短時間ではあったが充実の撮影となったのだった。

ということで、引き続き、22日の西武多摩川線撮影記。

続きを読む


nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

夏の武蔵野を走るレモンイエロー(1)今日こそは... [東京鐵話]

※ おことわり ※
この記事は、全長わずか8.0 km、36分で車両運用も一巡してしまうミニ路線を、
3時間ほど撮影していた...というだけの話題です。本来、1つの記事にするのが精一杯の
話ですが、これをトコトン引っ張っています。「毎晩更新」だけが取り柄の拙ブロ、
ネタ切れ対策へのご理解のほど、お願いいたします。

「西武電車」といえば「レモンイエローの車体にベージュのライン」というのが
<変態鉄>にとって“当たり前”だった。その“当たり前の電車”が「101系」と
総称されるのを知ったのは大学生の頃。類似の車体を持っていて走行機器が違う形式が
90年台までに淘汰されると、その「101系」の標準カラーから、窓回りのベージュ色が
省略されることになり...。国分寺駅から分岐する西武線で大学に通っていた頃が
その“変革期”でもあった。その後、西武線を利用する機会も無くなり。

いつの間にか「101系」も主力車ではなくなり、支線区の小運転が中心になって。
ワンマン化改造を受けたものから、真っ白な車体に姿を変えていった。

11_DPP_00003632.JPG
【2018年6月22日8時52分】 西武多摩川線・新小金井駅

そんな西武101系に、久々に「レモンイエローの車体にベージュのライン」が復活した
のは、今春のこと。しばらくの間、多摩湖線(国分寺~西武遊園地)で運用された後、
JR線を経由して武蔵境まで甲種輸送、白糸台に常駐して多摩川線運用に就くことに
なったのである。1月に「赤電色」を撮って。今度は「本当の101系」を撮りに。

でも、ここまでに紆余曲折があったのである。

続きを読む


nice!(21)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今日こそ!? (木曜日のお出かけ) [東京鐵話]

本来なら木曜日は久々の公休日を利用して、房総へキハを撮りに
行くつもりだった。でも...

1_DPP200000002.JPG
【2018年6月13日9時54分】 西武多摩川線・白糸台駅付近

ちょっと...

時間の余裕がなくなってしまって、でも、カメラを持って近場へ。
先月のリベンジなるか...と思ったら、まさかの2連敗だった。

続きを読む


nice!(21)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

GWは恒例の「ことでんレトロ」(2)やつやまばし <後編> [東京鐵話]

「ことでん」とタイトルに書きながら、まだ高松はおろか、羽田にすら着かず。
でも、“タイトルに偽りあり”との、ご批判は受け付けられない。
ことでん、高松琴平電鉄の撮影記を書くにあたって、そのプロローグに京急電鉄という
のは、決して「無関係な話」ではない。

大型車が入線できないため名古屋市の地下鉄から転じてきた電車で統一されている
志度線は別として、仏生山に集う琴平線、長尾線の電車の半数以上は京急出身。

21_DPP_00003323.JPG
【2018年5月5日9時48分】 高松琴平電鉄琴平線・三条-太田

そんな、ことでんで最近話題になっているのは、京急が広告主になって1080形1編成に
京急バーミリオンと白の塗り分けのラッピングをした広告電車。

ことでん1080形は京急旧1000系。
旧1000系に新1000系の塗色が再現された不思議な車両だが、
でも、譲渡先で“前職”の広告車に指定される...というだけでも大きな話題。
大型連休のイベントでも、5日のイベント運行など“主役”的立場だった。

ということで、品川で撮った写真で記事を書いている高松琴平電鉄撮影記。

続きを読む


nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

GWは恒例の「ことでんレトロ」(1)やつやまばし <前編> [東京鐵話]

実は、土曜日一杯、<変態鉄>は迷っていた。気象情報サイトを見れば日曜の広島の
天気は「晴れ」。ちょっとここしばらく気になっているのが“ひろでん”。

そう、広島を走る路面電車。どうしても撮ってみたい1両が居て。

04_DPP_00001908.JPG
【2017年8月31日10時48分】 広島電鉄宇品線・日赤病院前-広電本社前

いや、「撮ってみたい1両」ということは、撮ったことが無いわけで。
つまり、“お目当ての1両”は、この写真にある電車では無い。

6月の“路面電車まつり”に行けば撮ることができるかも知れないが、いずれにせよ、
仕事の都合上、日帰りか1泊で翌朝、帰京(会社へ直行)での広島までの往復を
余儀なくされる訳で。ヒコーキ、バス、食費...5万円ほどの予算で、その1両を。
どう考えても“コスパ”が良いとは言えないわけで。

6月は仕事も忙しくなるわけで。27日の日帰り出撃は直前で断念したのだが...
“断念”と決めたら、「やっぱり、行った方が...」と迷いが生じて。

悶々としながら自室で日曜を過ごす<変態鉄>なのである。

さて、いよいよ。早いもので既に1ヶ月。ゴールデンウィークは、ここ数年、毎年恒例に
なりつつある「ことでん」、高松琴平電鉄を訪れた。
この“出撃”は3月の時点で決めていたのだが...

続きを読む


nice!(25)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

煙を追って“京葉”へ(2)もう一度... [東京鐵話]

身の回りのことが、なかなか思い通りに進まず。
何だか、いろいろな意味で転機を迎えているような。趣味活動も、なかなか時間が
とれなくて。

そうすると、冒頭に書ける話もなくなって。う~ん。

ということで、4月26日の撮影記。

21_DPP_00003384.JPG
【2018年4月26日13時34分】 小湊鉄道線・五井駅

小湊キハを撮る...ということは決めていたのだが、その前に。
青いディーゼル機関車を撮りたくて、下車したのは...

続きを読む


nice!(20)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

煙を追って“京葉”へ(1)新金線 第1091列車 [東京鐵話]

「せめて毎月一度はキハを!!」と。そう、決めていたのだが...
なかなか出かけられない訳で。そもそも「撮りたい」と思う世代のディーゼル動車も
すでに置換えの対象となっているものが多くなり。だんだん撮影対象自体が
減っていくわけで。そんな中、房総に行けば定期的にDMH17系エンジンを積んだキハに
逢うことはできるが、でも...

s5_DPP_00003245.JPG
【2018年4月26日15時24分】 小湊鐵道・上総久保-高滝

正直言って、ひとりの人間が同じ被写体を撮り続ければ、よく似た写真ばかりに。
それも忙しい仕事の合間に、ちょっと出かけていって撮ってこられる写真となれば...
下調べに費やせる時間も無く、当日、列車に乗ってから撮影地を考えるのが常態化、
それでは“会心の1枚”など撮れるはずも無く。

「どうせ、いまのままで撮りに行っても、大した写真は撮れそうに無いし...」と
思えば、その房総からも足が遠のきがちになるのは必然で。

でも、撮りたい!!

いつもとはちょっと趣向を変えて、小湊キハと...
2つの被写体を“掛け持ち”するという作戦で。朝、少しゆっくり自宅を出たのだった。

続きを読む


nice!(20)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ゴーニーの日。そして昨日のお出かけ(空振りっ!!) [東京鐵話]

明日から、高松。「ことでん」へと出撃する<変態鉄>、一足早く、荷物だけクロネコ
によって讃岐の地へと旅立っていった。

富山地鉄のデキホキ撮影会の話題もアップしたのだが、やはり、連続でアップできる
日程で、と考えて、来週、高松から帰ってから記事を書こうと考えている。

さて、日付変わって5月2日。そう、“ゴーニー”の日である。

<変態鉄>にとっての“ゴーニー”とは「キハ52形式ディーゼル動車」、
いすみ鉄道で頑張っている125号車は1965年(昭和40年)製の“老雄”である。
山岳ローカルに用いるために2基エンジン車として製造された仲間。国鉄 → JR時代は
北陸地方での活躍が長かった。その最後の活躍の場になったのは大糸線。

01_200408_bontaka_1_15.jpeg
【2004年8月】 北陸本線(当時)・呉羽-富山

その活躍末期、糸魚川鉄道部のキハ52形はわずか3両の小所帯。
富山で「ボンたか」(注)を撮ろうと向かう途中、あくまで“移動手段”として乗った
キハ52 115号車。夜行快速「ムーンライト信州」で白馬へ、そこから眠い目を
こすりながら乗り換えた快速電車で南小谷、ここでしばらく待つとキハ52が来るはず...

(注)「ボンたか」:越後湯沢-金沢間を結んだ新幹線接続特急が「はくたか」。白い車体の681・683系に統一された後も臨時列車では、JR西日本金沢支社配置の489系「能登」編成が登板することもあった。国鉄特急色、両先頭車がボンネット型、「ボンたか」と呼ばれ当時の<鉄>の注目の的。ひとたび、これが走るとなるとカメラの砲列ができた。

続きを読む


nice!(22)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - 東京鐵話 ブログトップ